音声通話付き1GBプラン比較をしてみる(2019年10月)

2019年10月10日最新トピックス, 知っておくべきポイント

格安SIMに限らず大手携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)でも新プランが開始され、全体的に携帯電話料金も下がってきたように思う。

では実際にどのくらいなのか、格安SIM各社と大手携帯会社に分けて条件を決めて比較してみる。

格安SIM各社比較

まずは格安SIM各社で比較してみる。プランは音声通話付きデータ通信1GBのものに絞る。

比較時期は2019年10月10日現在。

比較条件

  • 音声通話付きのプラン(かけ放題などのオプションなし)
  • データ通信容量は1GB、または1GB以内で使うものとする
  • 常時200kbpsなど低速通信でのプランは省く
  • ドコモ回線限定(au、ソフトバンク回線プランは省く)
  • キャンペーン価格を除き、通常時の料金で比較

月額基本料金比較表

(2019年10月10日現在)

サービス/社名プラン月額基本料(税抜)
LINEモバイルLINEフリー1GB+音声通話1,200円
mineo(マイネオ)デュアルタイプDプラン3GB1,600円
IIJmioミニマムスタートプラン3GB1,600円
U-mobile通話プラス ダブルフィックス(~3GB)1,480円
b-mobile990ジャストフィットSIM990円
BIGLOBEモバイル1ギガ音声通話スタートプラン1,400円
楽天モバイル組み合わせプラン3.1GB1,600円
UQ mobileスマホプランS1,980円
NifMo(ニフモ)音声通話対応3GB1,600円
TikimoSIMシングルプラン1GB+音声通話1,470円
イオンモバイル音声1GBプラン1,280円
エキサイトモバイル最適料金プラン(~1GB)+音声通話1,360円
ロケットモバイル1GB通話プラン1,250円
nuroモバイルSプラン 2GB1,400円
スマモバ音声通話付きSプラン3GB1,980円
OCNモバイル音声対応3GBプラン1,800円

格安SIM比較まとめ

最安はb-mobileの「990ジャストフィットSIM」で月額990円。b-mobileでは2019年10月1日の新規契約より解約金・最低利用期間が廃止となったのもメリット。

3GBプランをメインとしているサービスが多いからか、1GBプランとして探すと料金にバラツキがでた。

自宅や会社でWi-Fi(ワイファイ)を利用する環境が以前より充実しているので、うまく利用すると月1GB以内におさめられるケースが多くなっている。1GBプランの充実化を望む。

次に大手携帯キャリアではどのくらいになるか比較してみる。

大手携帯キャリア各社比較

ここでも通信データ1GB以内として比較。ワイモバイルは格安SIMとキャリアのちょうど中間に位置するが、こちらのリストに入れることとする。

比較条件

  • 通信データ使用量は月1GB以内にとどめる
  • 他サービスとのコラボ契約はしない(光セット、スマートバリューなど)
  • 2019年10月1日以降に契約(新規、プラン変更含む)
  • 定期契約はしない

月額基本料金比較表

(2019年10月10日現在)

サービス/社名 プラン 月額基本料(税抜)
ドコモ ギガライト2(~1GB) 3,150円
au 新auピタットプランN(~1GB) 3,150円
ソフトバンク ミニモンスター(~1GB) 3,980円
ワイモバイル Sプラン 3GB 2,680円

携帯キャリア比較まとめ

ソフトバンクが他社に比べて割高になっている。キャリア各社は以前と比べて月額料金実質40%程度の削減を政府から指導されている。そのため割安感が出てきた。されど格安SIMとはまだまだ価格差はある。