Softbank(ソフトバンク)のミニモンスターにするといくらになるか調べてみた

最新トピックス, 知っておくべきポイント

ソフトバンクでドコモのギガライトと同等プランを探してみると「ミニモンスター」だったので、こちらだといくらになるか調べてみました。

ソフトバンクの新プランでは、契約期間の縛りがなくなって解約金が発生しなくなりました。

なお、今回の記事では料金の計算を目的としますのでサービス詳細は割愛します。

契約時の状況

色々パターンがありますが、ここでは私自身をモデルにして計算します。

  • スマートフォンでMNP契約(Android端末)
  • スマートフォン本体は自前で購入なし
  • 利用データは月間1GB以内におさめる
  • かけ放題などのオプションは付けない
  • ミニモンスターを2019年10月1日以降に契約
  • 家族の分含めて2回線契約あり

ミニモンスターでの料金内訳

消費税は10%として算出します。

基本料金

データプランミニ 3,000円(~1GB)

基本プラン(音声) 980円

オプション

ユニバーサルサービス料 3円(非課税)

割引サービス

1年おトク割

新規契約または機種変更で1年間のみ割引がつく。-1,000円。

他社にみられる家族割はウルトラギガモンスター+での契約のみ。

消費税(10%)

始めの1年間 (3,980-1,000)✕0.1=298円

2年目以降 3,980×0.1=398円

合計額

始めの1年間 3,980-1,000+3+298=3,281円

2年目以降 3,980+3+398=4,381円

プラン結果

auやドコモと比較して割高料金になりました。

ここまで違うと私の場合はソフトバンクは除外です。

メリットとしては「定期契約」といった縛りがなくなったこと、それによる解約金がなくなったことです。

他社プラン料金については、下記でまとめています。