ビックカメラのスマートフォン

2014年5月3日

※価格はすべて税抜き表記です

ビックカメラのスマートフォンは、携帯電話ショップがあるビックカメラの全店と、コジマ2店舗(コジマ×ビックカメラ梶ヶ谷店・NEW静岡店)で販売中のサービス。
全国で合計1000セット限定で、4月18日(金)販売開始。

IIJが提供するIIJmio(アイアイジェイ ミオ)とスマートフォン本体をセットで格安2,830円から提供している。

ビックカメラのスマートフォン 特徴

1. 公衆無線LANサービスが無料で付いてくる

公衆無線LANのWi2 300(ワイツー300)が標準で使える。他の格安SIMと比較すると、この点は優位である。

2. 月額料金は複数あり

性能の違うスマートフォンを2種類とタブレットを用意していて、値段や好みで選択ができる。

3. 090や080から始まる通常の電話番号

緊急電話(110や119の番号)の使用可能。他キャリアからの番号継続可能(MNP)。

4. 3G回線を使用

インターネット回線はLTE(Xi)ではなく3G(FOMA)回線を使用。これは、スマートフォン本体がLTE非対応からなるもの。
SIMカード自体はLTE対応なので、LTE対応スマートフォンに差し替えるとLTE回線が使用できる。
なお、タブレットのセットはLTE対応。

5. 限定1000台

スマートフォン2種とタブレット1種の合計で1000台のみ。すでに完売の可能性が高い。(2014年5月3日現在)
在庫確認は各店舗に直接お問い合わせください。
ビックカメラ店舗一覧(ビックカメラのサイトへ移動)

6. 毎月1Gまで高速通信ができる

通常は最大200Kbpsでの使用だが、手動切替で最大14.4Mbps(タブレットは最大150Mbps)での使用が毎月1Gまで可能。(IIJmioの仕様に基づく)
※1Gは、通信容量のことを指す。

7. 最低利用期間の設定なし

途中解約違約金は発生しない。スマートフォンおよびタブレット本体代の分割支払いは継続される。

ビックカメラのスマートフォン 各プラン

月額2,830円プラン

月額料金

1,900円+スマートフォン分割930円=2,830円

スマートフォン本体

コヴィアFleaPhone CPF03A
(スペック)Android4.2、4.5インチIPS液晶、1.2GHzクアッドコアプロセッサー、LTE非対応
本体価格:22,320円(分割930円×24回)

液晶保護フィルム&貼付け

液晶保護フィルムを店頭で受け取って、その場で貼付けしてくれるサービス。通常でも有料(500円程度)でサービスを行っている。

月額3,580円プラン

月額料金

1,900円+スマートフォン分割1,680円=3,580円

スマートフォン本体

ASUS Fonepad Note6 ME560BK16
(スペック)Android4.2、6インチ液晶、2.0GHzインテルATOMプロセッサー、LTE非対応
本体価格:40,320円(分割1,680円×24回)

タブレット月額2,580円プラン

月額料金

900円+タブレット分割1,680円=2,580円
※データ通信専用で通話契約はありません

タブレット本体

ASUS Nexus7(2013) ME571LTE
(スペック)Android4.3、7インチ液晶、1.5GHzクアッドコアプロセッサー、LTE対応
本体価格:40,320円(分割1,680円×24回)

Posted by master-sim